セブ留学

治安は大丈夫?セブ留学で気を付けるべきこと

留学をする上で気になるポイントの一つである治安問題。

私はセブに滞在中、昼夜問わず結構外をフラフラしていましたが特に危険な思いはしませんでした。

ただ、フィリピンは海外であることはもちろん発展途上国でもあるので貧富の差がかなり激しいです。そのため観光客や留学生が金銭目当てで狙われることも多いです。海外からの観光客が多い時点で危険な国とは言い切れませんが、いわゆる軽犯罪は日常的に起こる国であることは認識しておきましょう。

今回はフィリピンで観光客や留学生が被害に遭いやすいものとわたしが実践した対策をお伝えします。

フィリピンで気を付けるべきこと

スリ・強盗

海外では頻繁に起こるスリ。彼らの手口は巧妙で、自分は大丈夫だと思っていても気づかないうちに貴重品を取られていることが多いようです。お財布やスマホはもちろんパスポートなんかも要注意!

フィリピンの場合交通手段であるジプニー(バスのようなもの)に乗っている時や乗り降りのタイミングでスラれることが多いようです。

荷物はできるだけ小さくシンプルに。必要最低限のものにまとめてその他はホテルの金庫に保管しましょう。特に夜道では強盗に合う可能性もあるのでバッグは小さな斜め掛けがオススメ。リュックの際は必ず前に抱えていましょう。

ポケットには大切なものは入れないこともポイントです✨

置き引き

カフェで荷物やパソコンを置いたままトイレにいっても取られることはまずない日本。海外でこの感覚でいると本当に痛い目に遭います。席を外すことがなくてもスマホを机の上に置きっぱなしにしておしゃべりや作業に熱中したり、隣の席に荷物を置いておいたりすると、気づいたらない!なーんてことになりかねません。

貴重品は必要な時に荷物から取り出すようにしてください。もちろん席を外すときはたとえ少しの間でも荷物を持っていくようにしましょう。

詐欺

すべてのフィリピン人がそうではありませんが、親しげに声をかけてくる人には注意が必要です。特に大型ショッピングセンターなどで声をかけてくるフィリピン人は要注意!

これは語学学校の先生に聞いた話ですが、以前いた生徒がアヤラモールに遊びに行ったとき、フィリピン人の女性に声を掛けられそのまま仲良くなったのでご飯をご馳走すると自宅に招かれたそうです。そこでお金をかけたトランプゲームが始まり(その人が負けるように仕組まれたもの)7万円も盗られたのだとか。

お金をとられるだけならまだいいですがそれ以上危険な思いをしないためにも、いくら仲良くなったからと言ってむやみについていってはいけません。

ぼったくり

タクシーで頻発するこの問題。彼らはとても理不尽な手法でぼったくってきます。まず多いのはメーターを回さない。現地に着いたときに口頭で高額の料金を請求されるのです。

後は料金にプラスして意味不明な料金を上乗せされる。(例えば道が混雑していたから追加料金100ペソとか)

私がレストランでご飯を食べているときタクシー運転手と口論する日本人親子を見かけたことがあります。どうやら200ペソくらいの距離なのに1000ペソを要求してきたのだとか(;^ω^)

ぼったくりを防ぐために私が徹底していたのは、タクシーに乗りこむ前に運転手に目的地までどのくらい料金がかかるのか聞いておくこと。メーターが動いているか確認することです。乗り込んだあとだとメーターを動かしてと頼んでも聞いてくれない可能性があるので注意しましょう。

ストリートチルドレン

街の路地にはボロボロの服を着た靴も履いてないような子供達が沢山います。お金をくれと手を差し出してきたり水やタオルを抱えて買って買って!と近づいてきます。なんとも心の痛む光景でした。

子供たちなので危害を加えてくる可能性は極めて低いですが、お金をせびられて渡してしまうと近くにいる子供にたかられてしまいます。

学校の先生には渡したらダメ!と言われていましたがセブ留学終わりの2日前、一生懸命タオルを売っている3歳くらいの女の子に心打たれ余ったペソを渡してしまいました。するとめちゃくちゃ喜んでしまって近くにいた子供にもせがまれ。これ以上渡すのは危険だと思い振りろうとしましたがしばらくついてきて大変でした。

フィリピンの光景は本当に心が痛みます。お金を渡すなとは言いませんが自己責任でやりましょう。

まとめ

リゾート地や留学でフィリピンを訪れる日本人が増えてきています。

どの国に行くときも同じですが、日本の安心安全は海外では通用しないという事を常に頭に入れておきましょう。

対策をしっかりしてみなさまの旅行や留学が素敵な思い出になることを願っています✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です