国内旅行

寝台列車に乗ってみた!サンライズ瀬戸で東京から四国へ。

こんにちは!

今回は四国旅行をするということで、東京から香川県高松市まで寝台列車で行ってみる事にしました。

初の寝台列車。純粋に楽しそうだなというイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか?私もそうでした。しかし実際乗ってみるとこれは人によっては向き不向きがハッキリ分かれる乗り物である事が判明しましたので乗車のレビューと共に皆さんと共有して行きたいと思います!

寝台列車って??

今回私が乗ったのが「サンライズ瀬戸」という寝台列車です。東京駅〜岡山駅までは「サンライズ出雲」という出雲行きの列車と連結しています。

寝台列車はその名の通り、寝る事ができるスペースつきの電車。個室部屋・雑魚寝部屋等、金額により差はありますがとにかく眠るスペースがあります。

夜遅く出発して列車で寝て起きたら朝目的地に着いてる!というイメージです。

サンライズ瀬戸に乗車

東京駅を出発するのは22:00ちょうど。仕事終わりでも乗る事が出来ますね(^ ^)

30分ほど前から乗車可能です。

車内には自販機しかありませんので、食べ物やお酒等はあらかじめ購入してから乗車しましょう!

そして乗車したら真っ先にしなくてはならないのがシャワー券の購入です!仕事終わりや女性の方はとくにシャワーは大事ですよね。販売枚数に限りがあるのでまず確保してしまいましょう。

券売機はサンライズ瀬戸は4・3号車にありました(330円)

ゲットできたところでお部屋に向かいます

今回は2人旅ということでこんな感じの二段ベッド式のお部屋にしました。

ハッキリ言ってめちゃ狭いです!広めの部屋もあるのですが予約がいっぱいで取れませんでした泣

私達は大きいサイズのスーツケースと小さめのスーツケースを持っていました。小さい方はギリギリベッドの下に収納。大きい方は隙間にギリギリ収まりましたが荷物の取り出しがめちゃ大変なのであらかじめ使うものは取り出しておくのが無難かもしれません(^^;;

荷物を置いてしまうともうベッドの上しかスペースはない状態です。今回はギリギリセーフでしたが大きなスーツケース2つは完全に入りませんのでご注意を!

この2人タイプのお部屋は2人とも大きな荷物を持ってると不向きかも。ベットは折りたためるので1人で使うには快適そうです!(実際向かいのお兄さんは1人でこのタイプのお部屋を使ってらっしゃいました)

1人部屋タイプもベッドの個数の差だけで広さは同じなので荷物にはご注意を。

ただ狭さも秘密基地の様な雰囲気で楽しかったですよ〜✨

列車や部屋には何があるの?何がないの?

列車にあるものは先程も記載した通り、自販機、シャワー室。シャワー室にはシャンプーとボディソープ、ドライヤーがあります。あとはトイレ、洗面台、ラウンジがありました。

お部屋にあるものは、布団、枕、部屋着、コンセント、コップ、ゴミ袋、スリッパ、ハンガー、ラジオ、鏡(ドアについてます)です。シャワーを浴びる方はタオルは備え付けられていませんので要注意!あと歯ブラシ等もありません

本当、寝るための場所。ホテルとは訳違うので必要なものはしっかり準備しておきましょう。

シャワー室やトイレはどんな感じ?

シャワー券を購入出来た方はさっそく向かいましょう。1箇所しかないので私達は荷物をまとめてからすぐ行きましたがすでに並んでいる人がいてかなり待ちました。

シャワー

シャワー室に入ったらまず購入したカードを挿入します。服を置いておけるカゴがあるので準備できたら早速シャワーを浴びましょう。

シャワーが出るのはスタートボタンを押してから6分間。短い!と思うかもしれませんが途中で何回てもストップ出来るので意外と余裕。むしろ余りました。カウントダウンしてくれるタイマーがあるのでいつ止まるのかヒヤヒヤすることもありません。

シャンプーボディソープは備え付けでありますが、クレンジングや洗顔料はないので女性の皆さんは準備しておきましょう。

問題なのがドライヤーです。これが風力が大変弱い、、、。いつまで経っても乾きそうもなく、次に待ってる人もいるので諦めました泣

トイレ

トイレは電車や新幹線にあるトイレを想像していただければほぼその通りかなと思います。

何箇所かは赤ちゃんのオムツを変えられる広いスペースのトイレもありました!

乗り心地は実際どうなの?

私は正直、寝台列車は向いていませんでした。

まず、電車なのでかなり揺れます。シャワーなどで移動する時はもちろん揺れて歩きにくい。酔いやすい人は普通に酔います。私もしばらく気持ち悪かった、、、泣 酔い止めがあると安心かも!

後は揺れる&電車の騒音でほとんど眠れませんでした。。。やっと寝つけても揺れに驚いて起きるの繰り返し。

どこでも寝れるぜ!って人は全く問題ないです。実際一緒に旅行した人はその類だったのでグッスリ眠れたと言ってました。(強者かよ〜笑)

あとは揺れるので化粧をするのが困難です。高松行きの人は到着後30分ほど停車しますのでその時間に済ませて下車するのが理想だと思います!

私はそれを知らず頑張って揺れる中お化粧しましたw(アイラインはさすがに引けなかった笑)

まとめ

いかがでしたか?ちょっと楽しいイメージの寝台列車。人によってはツライ点もあるのが現実です。

最後に注意点をまとめたので参考にしてみてください!

  1. 食べ物やお酒は乗車前に購入。
  2. シャワー券は早めに購入!
  3. 部屋は狭いです。荷物の大きさに注意!
  4. かなり揺れます。騒音も激しいです。この環境で眠れるかが重要です。
  5. 酔いやすい人は酔い止めを!
  6. タオルや歯ブラシはありません。

今回は注意点ばかり書いてしまいましたが、非日常の空間。朝の瀬戸内海の景色。寝台列車の魅力はたくさんあります!

東京から四国までは飛行機を使えば1時間足らずで行けてしまいますが、あえて時間のかかる寝台列車を使ってゆっくり行く旅もとっても魅力がありました。

ぜひ準備を整えて楽しい旅にしてくださいね♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です